トップページ > よくある質問

よくある質問

任意整理をすると家族にバレますか?

当事務所のシステムは、完済までの一貫した対応です。債権者への返済金の送金もうさぎ合同法律事務所が対応します。
当事務所からの通知はメールで対応することが可能です。
委任契約jに、家族に内緒であることをお申し出ください。全国多数の方がご家族に内緒で完済しております。

取引が短いのですが?

ご安心ください。大丈夫です。たとえ取引が短くても債務整理は可能です

数年前から今まで支払ってないのですが?

金融業者からの借り入れについては、時効が成立するのは5年後です。5年以上支払って無くて、その間に配達証明での請求や裁判所からの督促も受けていなければ、いくらあろうとも時効の成立によって支払わなくて済みます。5年を経過してなくても、法定金利での残金のみで将来金利を無くすことができます。

ブラックリストって何ですか?

金融業者は契約者の情報を信用情報機関に登録し、何も問題が発生していなくても情報は登録されます。その情報に返済に問題があると登録されることが、一般的に言われているブラックリストに載るということです。「返済に問題」とは、60日以上の延滞や任意整理、そして破産などのことです。弁護士が依頼を受けてもブラックリストに載ります。

今後ローンは組めますか?

現在の借金についての債権者は、今後もローンを組めない可能性があります。しかし完済を迎えてから5~7年後には信用が回復するためローンも組めるようになります。

ブラックリストは家族にも影響を及ぼすのでしょうか

もしブラックリストに載ってしまったとしても、ご家族に影響が出ることはありません。あくまでもあなた様自身のことですから、それが原因でご家族が今後ローンを組めなくなることやご家族にバレるようなことはありません。

任意整理をする予定ですが、債権者からの督促の対応はどうすればいいですか

もし、債務整理をする決心がついていた場合、すでに債権者からの督促があった場合は「支払うつもりはあるが今はお金がない。知人などに相談しているが目処が立っていないのでいつ支払えるかは約束できない」と回答しましょう。支払う約束をしない事がポイントです。

名義を貸してしまって、貸した相手が逃げてしまったのですが?

払い義務があります。あなたがお金を借りて、その全額を相手に手渡したことと同様です。相手を探して支払ってもらう事よりも、早急に支払いについて考えるべきです。

債務整理と破産とは違うのですか?

債務整理をする方法の一つに破産があります。
債務整理には、再建型の①任意整理事件、②倒産法の一種ではありますが同じ再建型の再生手続き③倒産法の破産④特定調停といった方法があります。
いづれにせよ裁判所を通さない方法として任意整理という方法があります。
②再生法や破産は同じ倒産法の類です。再生手続きがなぜ破産と同じ倒産法なのかについては免責という裁判所の決定を得る方法をとるからです。再生法は、もともとある借金の一部を返済すればあとの借金は免責にしましょうという手続きです。だから倒産法の類に含まれるのです。破産は借金がなくなると思われている方もいますが、それは借金の全部が免責といって返さなくてもいいですよということになる場合です。免責不許可といって、この借金は返さないといけませんという場合もあります。例えばギャンブルなどで借金が増えてしまったといっても、それを国が返さなくてもいいですという決定は出せません。その分は少しづつでも返していくことになります。特定調停というのは、お金を借りた人と、貸したほうの間に調停委員が入って双方の意見を聞き話し合いで決めていきます。もちろん合意に至らない場合は不調といって、和解はできません。多数の債権者がある場合は弁護士に相談した方がいいでしょう。
相談内容
既払い金返還 債務整理 任意整理 民事再生 自己破産 過払い請求 不動産問題 相続 離婚 交通事故
事務所について
事務所概要 弁護士紹介 よくある質問 弁護士費用
特に借金の問題は誰にも言えません。一人で落ち込む原因にもなります。誰にも話せない借金の悩み。もしその問題を同じ弁護士に依頼している仲間として、完済までモチベーションをアップさせながらお互いに励ましあうことで完済できたらいいな!そんな思いを掲示板にしてみました。タイトルはサイムをなくそう!!いいでしょう。