トップページ > 相談内容 > 交通事故

交通事故

その示談金の提示額は妥当ですか?その示談金の提示額は妥当ですか?

損害保険会社にとって都合のよい金額を提示していることもあります。最初の提示から,法律上請求し得る最高額を提示してくる保険会社はほとんどないと言っても過言ではありません。実際には、被害者、加害者共に賠償金に関して熟知している方はおりません。賠償金に関しては、保険会社の言いなりになっている、つまりプロに丸め込まれている事が現状です。これについては,専門家である弁護士に自分の事案の資料を見せて具体的に相談することにより,目安を知ることができます。ひとりでお悩みにならず、まずはご相談から始めてください。弁護士が親身にご対応させていただきます。

弁護士へ相談するメリット
  • 貰うべき賠償金を獲得することができる
  • 加害者・被害者問わず煩わしい手続きや交渉をしなくて済む
  • 交渉のプロと自分自身が戦う必要が無くなる

事故から解決までの流れ

1 交通事故発生

交通事故直後の対応としては、まず警察に通報することが第一です。警察に通報していないと、事故証明書は発行されず、保険金も支払われなくなります。
小さい事故の場合、警察に通報しないで、内々に示談で済ませましょうと言う人がいますが、これはきっぱり断ってください。一見、有利な条件を持ち出されたとしても、実質損をする場合が多いです。
また、携帯電話のカメラなどを利用して、できるだけ多くの現場写真を撮ってください。
そして、記憶の鮮明なうちに、現場・事故の状況をメモしてください。
目撃証人がいたら、名前・連絡先を聞いておいてください。
事故の相手方からも名刺を受け取るなどして、相手方の住所・氏名・電話番号を確認し、契約している保険会社も聞いてください。相手方の自動車ナンバーも必ずメモしてください。

2 事故後の対応
事故後の対応のイメージ

自分の加入している保険会社に、事故発生を通知してください。
また、警察に備え付けの申込用紙を使用して、自動車安全運転センターに交通事故証明書を請求して取得してください。不安なことがある場合は、弁護士等の専門家にご相談ください。

3 治療

怪我をしていたり、痛みがあったりする場合は、例え忙しくても、病院に行ってください。
大丈夫であろうと放っておくと、大事に至ることとがありますし、補償に関しても、事故との関係が曖昧になってしまうことがあります。
また、通院の交通費等は領収書をとっておいてください。

4 症状固定

後遺症(後遺障害)が残って、これ以上治療しても良くならない状態を「症状固定」といいます。
「症状固定」後は、治療費は打ち切られ、後遺症(後遺障害)の等級を認定してもらって、損害の補償を受けることとなります。
しかし、実は、ここでも被害者が納得できる等級認定をしてもらえない場合も多々あります。
このような場合も、弁護士にご相談ください。

5 保険会社から示談案の提示

示談の損害賠償額に納得できない場合や、そもそも見方がよく分からない場合も、弁護士にご相談ください。
示談の提案書の見方をご説明し、損害賠償額が適切かアドバイスさせて頂きます。

6 示談交渉・訴訟
示談交渉・訴訟のイメージ

通常、保険会社の提案額は、裁判所の基準等からしますと相当程度低いと言わざるを得ません。
そのような場合、弁護士があなたの代わりに、保険会社と交渉いたします。
また、交渉しても保険会社が納得できる案が出てこなければ、裁判で解決します。

相談内容
既払い金返還 債務整理 任意整理 民事再生 自己破産 過払い請求 不動産問題 相続 離婚 交通事故
事務所について
事務所概要 弁護士紹介 よくある質問 弁護士費用
交通事故にあっても、保険に加入していれば弁護士費用は保険で賄えます。