トップページ > 相談内容 > 債務整理 > 民事再生

民事再生

民事再生とは

民事再生とはのイメージ

民事再生とは 民事再生は住宅ローンを含めた多重債務に苦しむ個人に対して、マイホームを維持しながら経済的に立ち直るための方法です。小規模個人再生(個人事業主用)又は給与所得者等再生(給与所得者用)のいずれかの方法で、借金の総額を原則100万円または20%まで減らし、その後原則3年(最長5年)で返済するという手続きです。
住宅を所有し、住宅ローンを有している方は、住宅ローンは約定通り支払い続け、その他の債務について前述のように支払うことによって、住宅を守ることができます。

民事再生は次のような方への適用が考えられます。

  • 住宅ローンをかかえた方
  • 多重債務をかかえて支払いが困難になった方
民事再生の債務整理手続きをとるには、以下の条件クリアする必要があります。
安定した収入があること

安定な収入といっても、それほど厳しいものではありません。アルバイトの収入や年金収入でも安定していれば民事再生の債務整理手続きをとることが可能です。フリーターや年金生活者でも取ることが可能です!目安としては、月の収入から家賃などの生活費を引いた額が3万円を超えていれば民事再生の債務整理手続きを取ることが可能と考えていいでしょう。

支払不能の恐れがあること

収入と月々の支払額・総借入額からみて、支払えなくなってしまう恐れがあることが必要になります。今はなんとか月々支払ってはいるが、収入が減少してしまえば払えなくなってしまいそう、返済しても返済しても利息分しか返済できず、元本が減らないなど様々だと思われます。この判断はご自分だけでは難しいと思いますので、弁護士に相談してから民事再生の債務整理手続きを進めたほうがいいでしょう。

借金の額を財産が超えていないこと

例えば、消費者金融などでの借り入れが300万円あるが、時価350万円の車を所有しているというような場合には民事再生の債務整理手続きをとることはできません。この場合には300万円を無利息で返済していく任意整理の債務整理手続きをとるべきでしょう。なお、所有の財産はあくまで時価で換算されます。買ったときは100万円したが、現在は価値が0円というようなものは財産として扱われません。

自己破産のメリット・デメリット

○メリット
  • 元金を大幅に減額することができる。
  • 債自己破産のように持ち家を手放す必要がない。
  • 借金の理由がギャンブルや浪費であっても利用することができる。
  • 自己破産のような職業制限がない。
  • 再生手続き開始後の利息は全額免除される。
×デメリット
  • 定期的な収入がないと利用できない。
  • 手続き費用が他の債務整理と比べて高い。
  • 住宅ローン以外の借金が5,000万円は利用できない。
  • 手続きに時間がかかる。
  • 借金の減額はできるが、減額された債務を継続して支払っていけない場合は利用できない。は利用できない。
  • 住宅ローンの債権者以外の債権者に住宅を抵当に取られている場合は利用できない。

民事再生の手続きの流れ

民事再生の手続きの流れのイメージ
相談内容
既払い金返還 債務整理 任意整理 民事再生 自己破産 過払い請求 不動産問題 相続 離婚 交通事故
事務所について
事務所概要 弁護士紹介 よくある質問 弁護士費用