トップページ > 相談内容 > 債務整理 > 過払い請求

過払い請求

過払い請求とは

消費者金融などでお金を借りた場合、利息制限法という法律で決められた利息(下記参照)は

借りたお金が10万円未満の場合 年20% 借りたお金が10万円以上100万円未満の場合 年18% 借りたお金が100万円以上の場合 年15% ▼▼ 出資法上限金利29.2% ▼▼ 過払い利息発生の根源→利息制限法上限金利 15.00% 100万円以上 グレーゾーン 出資法と利息制限法の間  利息制限法上限金利 18.00% 10万円~100万円 利息制限法上限金利 20.00% 10万円以下

と決まっていて、これを超える部分は無効となります。
しかし、実際には出資法5条2項所定の年29.2%を超えない限り、刑事罰にとわれることはないので、この出資法による利息を請求してくる金融業者がたくさんいます。
このように利息制限法を超えても出資法には違反しない範囲の利息を「グレーゾーン金利」といいます。
このグレーゾーン金利で利息を返済していた場合、利息の過払いが発生している可能性があります。
その過払いしていた利息を返還するように請求する事を、「過払い請求」といいます。
例えば、
100万円を借りた場合、出資法の計算では1年で29.2%なので、29.2万円の利息を返済することになります。
しかし、利息制限法で計算すると年15%になりますので、返済は15万円になります。

この差額29.2万円-15万円=14.2万円が支払い過ぎた利息(過払い金)になるので、返還の請求が可能です。

戻ってくるかも。

例:利息制限法の15%で100万円を借りた場合
1年間に支払う利息は、
100万円×15%=15万 \150,000

出資法の上限金利である29.2%で100万円を借りた場合
100万円×29.2%=29.2万 \292,000

\292,000-\150,000=\142,000

\142,000が

過払い金のメリット・デメリット

○メリット
  • 支払い過ぎた利息が返還されます。
  • 受任通知を発送してもらうことにより、請求が止まる。
  • 自己破産や個人再生と異なり、必要書類はほとんどない。
  • 過払い請求する債務を選べるので、保証人のついたものを外すこともできる。
  • 官報には載らない。
×デメリット
  • 信用機関(いわゆるブラックリスト)には5年~7年登録される
  • 借入金を完済した場合でもブラックリストに登録される場合がある

任意整理(過払い金請求)の手続きの流れ

任意整理(過払い金請求)の手続きの流れのイメージ
相談内容
既払い金返還 債務整理 任意整理 民事再生 自己破産 過払い請求 不動産問題 相続 離婚 交通事故
事務所について
事務所概要 弁護士紹介 よくある質問 弁護士費用