事務所ブログ

2013年10月 1日 火曜日

絶望するなかれ!法律事務所にご相談を

個人再生法という方法を耳にしている人も多いだろう。以前は、債権者と交渉して毎月分割で支払っていくということを弁護士が交渉して可能であれば、3,4年たつと借金はなくなる。毎月だから債務者もよほど頑張らないと続かない。むかしは借金まみれとなれば、破産と決まっていた。しかし若者の破産者が急増したことで、当事務所も弁護士費用は分割で、そして若い結婚前の御嬢さんが破産しちゃ親も泣くだろうとおもって債務整理を提案し、もうすでに2000件(依頼者の人数)以上債務整理したことになる。別に自慢するわけでないが、ほとんどが完済した。途中でお金が続かない人は破産か辞任をした。辞任といっても、事務所に来てもらって自分で書いて破産の申し立てをしてもらう。今は昔と違って書類もいたって簡単になっている。こんなに簡単な書類に着手金20万円はいただけないと思って、自分で書いてもらう。弁護士が最後に目を通すのだが、自分で裁判所に提出してもらう。依頼者にとってかかる費用は申し立て費用だけだ。東京地方裁判所は、昔は弁護士が書いたものでも受け付けてくれていたが、途中から弁護士をつけろと言われたといいにきた人が増えた。裁判所の対応も、どういうものかと思う。書類が整っていれば受け付ければいいのだ。最近はどうなったのか。そういうわけで費用をもらわずに教えてあげるのだから、債務者も自分で書類を取り寄せたりして頑張ってほしいと思う。当職の受任した人の中には、連絡が取れなくなってしまって辞任した人もいる。辞任した人がひょっこり連絡をくれる時もある。とりあえず生きててよかったと思う。いろいろな若者の相談に乗っているうちに、若干年齢がアップして住宅を抱えながら借金まみれになったという相談も増えた。時代が変わってきたのだ。ぜひ頑張ってほしいものである。マイホームには夢がある。響きもいい。今は住宅を持っていても破産せずに債務整理ができる個人版の再生法というのがある。あきらめる前に法律事務所にご相談を!。

コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

相談内容
既払い金返還 債務整理 任意整理 民事再生 自己破産 過払い請求 不動産問題 相続 離婚 交通事故
事務所について
事務所概要 弁護士紹介 よくある質問 弁護士費用
受任から完済書を取り付けお渡しするまでが一貫してうさぎ合同法律事務所がサポートします。だから安全・確実・安心が約束できます。解決の第一歩は、解決策の提案をご請求いただくことから始まります。安心・確実が約束できるのは、返済に困ってもすぐに辞任しないで相談にのり、債権者と再交渉するからです。だから安心が生まれます